自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

借金を減らすことができたり、借金を全てなくすることができるのが債務整理ですが、借金がなくなればこれまでの大きな悩みから解放されることになり、ゆとりを持った生活を送れるようになるでしょう。


債務整理にはいろいろな方法があるので、自分に合った方法を弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談して実行するようにすればいいのですが、債務整理をする場合は当然デメリットもあるので、その点は最初に十分に把握した上で債務整理を行うようにしなければいけません。特に債務整理の中で借金を完全になくすることができる自己破産をする場合には、それを実行した後の生活にもいろいろ支障をきたすこともあるので、ある程度のリスクは覚悟しておかなければいけません。


債務整理や自己破産は決して安易に考えず、信頼のおける法律事務所にしっかりと相談をした上で進めるようにしましょう。


自己破産を安易に行ってしまうと…

自己破産を安易に行ってしまうと、その後で再び借金をすることができなくなってしまいます。


もちろんせっかく借金がなくなったのに、また同じことを繰り返すことはしない方がいいのですが、実際に借金をしないとしても、自己破産をすると最低でも5年間はクレジットカードなどが作れなくなるので、そのことはしっかりと把握しておかなければいけません。


クレジットカードが作れないばかりではなく、携帯電話を自分で契約できなくなったり、自分が住みたい賃貸物件があっても審査に通らなくなったりといろいろなデメリットがあります。


会社や友達などにも内緒にすることはできますが、信用情報機関には一般的に5年から7年程度は情報が残ることになるので、それを覚悟の上で自己破産を行うようにして下さい。


 
コンテンツ