債務整理の相談先は

債務整理の相談先は

親や家族に借金をしているうちはそれほど大事にはならないかもしれませんが、銀行や消費者金融やクレジットカードなどからお金を借りてそれが返せなくなると、自己破産などの債務整理をしなければいけなくなる場合もあります。


債務整理は個人で行うこともできますが、実際に知識のない素人が債務整理を行うことは難しく、一般的に債務整理は弁護士か司法書士などのプロの法律家に依頼することになります。


弁護士と司法書士

弁護士と司法書士のどちらに相談すればいいのか分からないという人も多いと思いますが、司法書士の場合は任意整理において債権の総額が140万円以下であれば、債権者との交渉を行ったり、簡易裁判所への申立てを依頼者の代理として行うことができますが、それ以上の場合は地方裁判所の扱いとなり、司法書士には代理権が認められないため、債権の総額が140万円以下の場合は一般的に司法書士の方が費用面でも安いので、できるだけ費用を抑えたい場合は、借金の相談は司法書士にすることがおすすめになります。債権の総額が140万円以上の場合でも裁判所へ提出しなければいけない書類の作成は司法書士でもできますが、交渉や申立ては自分で行わなければならなくなってしまいます。


個人の債務整理

このように借金の相談をする時には、弁護士に相談するか司法書士に相談するかを先に決めなければいけませんが、法律事務所によっては個人の債務整理案件にはノータッチのところもあるので、事前に個人の債務整理にも対応してくれるかどうかを確認しなければいけません。


 
コンテンツ