債務整理の種類

 

債務整理の種類

金融機関などから借金をして、それが返せなくなっても債務整理という方法で借金を軽減したり完全に借金をなくすることもできますが、それをするためには弁護士や司法書士などの専門家の協力が必要になります。


債務整理はその気になれば自分で行うことも可能ですが、それをするためには知識や労力も必要になるので、債務整理のことを何も知らない素人には現実的なことではありません。


借金の相談をする時には

借金問題や借金の時効についての相談をする時にはまず法律事務所選びから行わなければいけませんが、借金を軽減したりなくする債務整理の方法の1つには任意整理というものがあります。


任意整理とは他の債務整理とは異なり、裁判所を通さないで、借入先と直接交渉をして、借金を減らすことですが、弁護士などに依頼することで取り立てをストップさせることができて、交渉次第では無利息でゆとりのある返済を行うことができるようになります。


その他の債務整理の方法としては個人再生というものがありますが、これは裁判所を通して、借金を大幅に軽減してもらい、原則3年間で借金を返済する方法です。


個人再生をした場合は、5年から7年間程度は信用情報機関に記録が残るので、その間は借金ができなくなるというデメリットもあります。


そして借金を完全に帳消しにすることができるのが自己破産という方法で、自己破産は完全に借金をなくすることができる分、ある程度のリスクは覚悟しなければいけません。


自己破産をするためには、自分の家などは先に売らなければいけなくて、財産が残っているうちはその手続きを進めることはできません。


また自己破産をした後は、個人再生と同じように、一定の長い期間は信用情報機関に記録が残ることになるので、借金をすることはできなくなり、キャッシュカードやクレジットカードなどはもちろん作ることができなくなります。


当然消費者金融などのブラックリストに載ることになるので、もう絶対に借金はしないという強い覚悟を持たなければいけません。


法律事務所の選び方

債務整理をする時の法律事務所の選び方としては、最初に無料相談ができるところがおすすめで、お金に困っているのに高い相談料を取るようなところは利用しない方がいいでしょう。


また借金問題を多く解決してきた実績がある法律事務所を選ぶことをおすすめします。


 
コンテンツ